おのころ心平講演会

【おのころ心平講演会】 

 

「病気の原因は人間関係だった」

〜月花占術から読み解く6つの人間関係〜

 

日にち/2016年6月12日(日)

時間/14時30分〜16時

会場/紫波町オガールプラザ(大スタジオ)

料金/前売り・ご予約3000円(当日3500円)

定員/100名限定

 

 

<ご予約>

おのころ心平講演会「お申し込みフォーム」

からお申し込みいただくか、

①お名前

②枚数

③お電話番号

をご記載の上 vois-10.20@star.ocn.ne.jp  (担当/澤田)

までメールをお願いいたします。

 

 

 

[おのころ心平プロフィール]

 

統合医療家、一般社団法人 自然治癒力学校 理事長

 

2008年、一般社団法人自然治癒力学校を開校し、これまでの経験やセルフケアに関する知識を講座やワークショップとして全国展開。多くのセラピスト、代替療法家、教育者、医療従事者への指導を行う。

統合医療を実践する医師、東洋医学従事者、生命科学者、教育関係者、セラピストらと緊密なネットワークを構築、パーソナル医療コーディネーターとしても活動している。

カラダのクセや症状から、そのクライアントの心理状態を読み解く、ココロとカラダのカウンセラーとして20年間、2万2000件以上の実績をもつ。

「その人のものの見方・とらえ方の基本は、7歳までにあり」をベースに、小さい頃に身についた心身のパターンと今のカラダの関係を読み解き、なかでも女性のカラダにとっての母娘関係の重要性を訴える。

著書に『母のせいでも娘のせいでもない ゆるす親子関係』『病気は才能』『ゆるすいっち。』『最強のココロ整理術ibマッピング』『その痛みなんとかします』など多数。

おのころ心平オフシャルブログ【ココロとカラダの交差点】は、月間40万アクセス。おのころ心平オフィシャルブFBは、読者数約4万人。数多くの著名人がセルフケア情報として活用している。

 

★オフィシャルブログ / http://ameblo.jp/onocoroshinpei/
★オフィシャルFacebook / https://www.facebook.com/onocoroshinpei

 

 

 

_TGC8804

 

 

 

「統合医療家」「一般社団法人自然治癒力学校理事長」「パーソナル医療コーディネーター」として、患者さんに最適な医療選択への橋渡しをし、よりよい方へ向かうことを応援するなど活動なさっているおのころ心平先生の講演会を【100名様限定で岩手初開催】いたします。

 

おのころ心平先生は、医者と患者の良好な関係を築くために何をすればよいのかを常々考え、患者さんばかりでなくお医者さんからの相談にもたくさんのってきました。その経験を生かし、これからの医療選択と「未来患者学」により、病気を希望に変える「MMA(医療メンター・アソシエーション)」にも取り組んでいらっしゃる方です。
★未来の自分のカラダのためにも、これから患者としての医療と関わる時のためにも、岩手の皆さんにぜひお会いしていただき、繋がっていただきたい方です。是非ご参加お待ちいたしております。

 

 

**********
●病気を否定せず、病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋医学・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の本当の原因を探る「ボディーサイコロジスト」でもあるおのころ心平先生。

●自分自身の内外から発せられる小さなサインに気づき、それらを見逃さずにケアしてあげれば、毎日がもっと豊かになるというおのころ心平先生は、コロとカラダのカウンセラーとして20年間、2万2000件以上の実績を通し、医療にかかる前に、一人ひとりが「体質とココロの傾向の見極めと整理」をし、自分の体質や傾向などの「個性」に気づき、まとめておくことがとても大事なことだと提唱されております。

●その中でも、ココロは人間関係があって初めてストレスを感じ、また成長もするもので、間違ったコミュニケーションのやり取りをしたり、盲目的に関係から逃げたり、あるいは逆に戦ったりしているうちは、そのストレスがカラダの内側に投影されて、カラダのさまざまな症状に結びついていくと考え、「その人のものの見方・とらえ方の基本は、7歳までにあり」をベースに、小さい頃に身についた心身のパターンと今のカラダの関係を読み解き、なかでも女性のカラダにとっての母娘関係の重要性を訴える。
今回の講演会では人間関係と病気の関係と、よりよい人間関係を育むための方法をお話していただきます。

 

 

********

 

 

●おのころ先生により命を救われた【福島正伸先生】の著書『37の病院・医師をまわり、僕はがんを治した』の中で、おのころ先生についてこう書かれています。

以下抜粋いたします。

 

↓↓

 

●とくに、おのころ心平先生は私のために本当にいつも尽力してくださった。全国の病院を調べ、私の体調を常に把握して、効果のある治療法をいくつも紹介してくださるだけでなく、サプリメントに関する情報もいろいろ教えてくださった。

そのうえでさらに、私の生きる意欲を高めるために励まし続けてくれた。鹿児島の指宿に、陽子線治療ができるメディポリス国際陽子線治療センターがあると教えてくださったのも、おのころ先生である。
もし、その情報を私が知ることがなかったら今頃、わたしの体はどのような状態になっていたか・・・。それはまったくわからない。
大きな病気ほど、情報が命を左右することを身をもって体験することができた。もちろん最終的に判断するのは、患者自身である。
もし、おのころ先生のような人が日本中に1万人いたら、どれだけの人の命を救うことができるようになるだろうか。